建築条件付きの土地の媒介時の仲介手数料

建築条件付きの土地の媒介時の仲介手数料

建築条件付きの土地の媒介時の仲介手数料

一戸建ての住宅の販売のされ方として、建売や売建があります。
建売は、所定の土地にすでに建物が建てられて売りに出されている物件です。
売建は、所定の土地は更地の状態だが、建てられる建物がすでに決まっている状態で売りに出されている物件です。
基本的には買主は建物の希望は言えません。
内装など多少変更してもらえることはあるでしょう。
その他は、土地だけを購入して設計を一から行う方法、そして建築条件付きの土地があります。
建築条件付きの土地は、売買自体は土地のみだが、建築業者が決まっているケースになります。
ある程度の制限はあるものの、建売のように建物が決まっているわけではありません。
基本的には決められた業者で建築しますが、条件が外れることもあります。
では、建築条件付きの土地の媒介があったとき、仲介手数料はどうなるかです。
土地のみか、建築条件による建物の費用も基礎になるかです。
あくまでも土地の媒介になるので、建物の費用は含まず計算されます。

お知らせ

一覧

不動産情報サイトに掲載されている賃貸物件の数

建築条件付きの土地の媒介時の仲介手数料

不動産の維持管理と問題解決のために行うこと

不動産は登記をしておかないと危険