不動産は登記をしておかないと危険

不動産は登記をしておかないと危険

不動産は登記をしておかないと危険

不動産を購入したときには、登記をしておきましょう。
司法書士の先生に依頼をすれば、登記作業を代行してもらえます。
なぜ登記が必要なのかと言えば、これは不動産が占有によって所有権の主張ができるものではないからです。
動産なら占有していることで所有権の主張ができますが、不動産はそうではありません。
きちんと登記をしておかなければいけないのです。
登記をしていなかった場合どうなるかと言えば、他人にその家の所有権を奪われてしまう可能性もあるのです。
登記をしておけば、所有者の名前も記載されるので、誰にも奪われてしまうことはなくなります。
一般的に不動産は値段が高いものなので、登記をし忘れて誰かに取られてしまうことだけは避けたいですね。
新築物件を購入したら、そのタイミングで登記作業は済ませておきましょう。
登記作業には結構なお金がかかります。
税金や司法書士への報酬などで、数十万かかることもあります。
そのお金も、物件取得の代金に含めて考えておくのがベストです。

お知らせ

一覧

不動産情報サイトに掲載されている賃貸物件の数

建築条件付きの土地の媒介時の仲介手数料

不動産の維持管理と問題解決のために行うこと

不動産は登記をしておかないと危険